わたしの幸せな瞬間

早朝のアルバイト 
女性/30歳/かのん
幸せな瞬間.com

今年の1月から、早朝アルバイトを始めた。
3時45分起き。
9時まではたらく。
歩いて5分の、駅構内のパン屋さん。

3歳の息子も、深夜まで仕事の旦那も、ぐっすり眠っている中、そっと、
「いってきます。」と、声をかける。

その仕事を選んだのは、息子が突然病気しても、ちゃんとそばにいてあげられるように、という理由からだった。
仕事は楽しい。まだ 月の出ている暗い道を出勤するのも、新鮮だ。
仕事があっても、まだまだ時間があることも、なんだか得している気分。

けれど。

深夜0時過ぎに、やっと帰ってくる旦那に、お帰りのヒトコトも言えない。
夜、「お疲れ様!」と、お酒を酌み交わす事もなくなった。
二人のゆっくりとした会話の時間も、しばらくない。

9時に終わって、急いで帰って来ても、息子は保育園に行ってしまっている。おはようも、あさごはんも、しばらくない。
さみしい思いをさせているんじゃないかと、不安になる。
だからお風呂で、一生懸命だきしめる。

ある日、いつものようにサンドイッチを作って、店頭に出そうとすると、見慣れたニット帽。私が作った帽子だ!
旦那と息子だった。
ふたりは、ポッケに手をつっこみ、そっくりな格好をしてやってきた。
私をビックリさせようと、早起きして食べに来てくれたのだ。

なんだか嬉しかった。
とっても嬉しかった。

会える時間が少ない分、がっちり絆をつないでいこう。

ふたりが、またこっそり、私を幸せな瞬間にひたらせてくれるのを、ちょっと期待している。




幸せな瞬間.com

あなたの幸せな瞬間を教えて下さい!
すてきな投稿をお待ちしてます!
詳しくはこちらをクリックして下さい!

転職失敗体験記.com おもしろアルバイト体験記.com
子供のビックリ発言.com すごい客.com
座右の銘.com その時私は泣いた.com
ブルーな気持ち.com プロポーズ.com
親父ギャグ.com 修羅場.com
初体験.com  
同じURLで携帯からも見れます!
携帯で読み込んでください。
http://www.shiawase-moment.com